LINE@でガールズバーの面接予約が出来ます!

東京を代表するガールズバー求人メディア

スポンサーリンク




スポンサーリンク




【女性必見】ガールズバーのキャッチ(客引き)に関する疑問を全て解決します。

WRITER
 
ガールズバーのキャッチ(客引き)に関する疑問を解決する記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
元ガールズバーの求人サイト運営者。 その後は日本初のガールズバー紹介会社を立ち上げ。 女性の本音を聞き出し、お店の裏事情を把握するのが得意。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、ガールズバーの求人を紹介する専門家のみっくんです。

あなたは今、キャッチ(客引き)に関して、様々な疑問を持ってるかと思います。

例えばこんな疑問。

「客引きをやらないと行けないのか?」
「どうやったらお客さんを呼び込めるのか?コツはある?」
「キャッチのバックっていくら貰えるの?」

これらの疑問を知らないまま面接に行くのは、かなり不安ではないでしょうか。

これから、ナイトワーク未経験の女性向けに、ガールズバーのキャッチ事情について、ご説明しますね。

この記事を読めば、お店選びに必要な客引き(キャッチ)の知識が身につきます。

ではスタート!

 

Q. ガールズバーのキャッチとは何か?

A. ボーイとキャストが、繁華街(もしくは路上)に立ち、お店の宣伝をします。

キャッチのやり方は主に2パターン。

  1. お店の前に立って看板を持つ
  2. お店近くの路上でティッシュやチラシを配る

大抵の場合は自分一人だけでなく、他の女の子やボーイと一緒にキャッチを行います。

「ガールズバーいかがですか」と声かけし、立ち止まってくれる人に対して、システムや料金説明をする流れです。

もしそこでお客さんが納得してくれたら、そのままお店に案内します。

路上で声かけしたお客さんに気に入られて、指名客になってくれるかも。
そうなれば、指名バックを稼げますね。

みっくん

 

Q. キャッチ(客引き)は違法なのか?

A. 届出を出せば違法ではありません。

キャッチに関する法律は『風営法』で定められています。

警視庁から『道路許可証』を発行してもらい、この場所ならキャッチして良いという許可を貰わないと違法になります。

地域によってキャッチが禁止されてるところもあるので。

また路上で歩いてる人を妨げたり、しつこく勧誘すると、迷惑防止条例に触れてしまいます。

そのためガールズバーのキャッチは、スカウトマンみたいなガッツリした声かけがないのが特徴です。

基本的には、同じ場所に立って「ガールズバーいかがですか」と軽く声かけする程度ですね。

キャッチ未経験の女の子が、「やってみると意外と楽だった」と言ってました。
冬が寒く、夏は暑いのがデメリットですが…

みっくん

 

Q. どんな客層がいるのか?

A. 20代〜60代くらいまで幅広いです。

全体的な傾向としては、学生よりも30代以降のサラリーマンが多いかなという印象。

よくいるのは、

  • 飲み足りなくて、2、3軒目を探してる男性グループ
  • 会社の同僚同士で飲みに来てる男性組
  • 一人で歩いている50代くらいのサラリーマン男性

などです。

たまに外人だったり、学生グループもいますね。

0時以降の終電がなくなる時間だと、割と地元住民が多くなります。

キャッチで捕まえたお客さんと、地域ネタで盛り上がることも多いです。

 

Q. ビラ(チラシ)配り無しのお店はあるのか?

A. ほとんどの店はビラ(チラシ)配りがあります。

キャッチなしのお店が良いという女の子が多く、そのほとんどは『身バレしたく無い』のが理由ですね。

それでつい、求人サイトの『キャッチ無し』『ビラ配り無し』と書かれた嘘広告に引っかかるようです。

しかし現状は、ほとんどのお店でビラ配りがあります。

これは僕が女の子の声やお店を調査した結果、見えてきたことです。

キャッチする理由は、お客さんを呼び込まないと赤字になるから。

ガールズバーには必ず、お客さんに対して女の子の数が多い時間帯があります。

お客さんと接客しない時間も時給が発生すると、お店は損する羽目になりますからね。

なのでAさんはお店に待機して、もう一人の手が空いたBさんとCさんはビラ配りするという流れで、どうしてもキャッチせざるを得ません。

 

Q. キャッチの回数を少なくするには?

なるべく路上に出たくないという方へ。

キャッチを少なくする方法は以下の通りです。

  • 自分目当ての指名客を増やし、お店の看板的存在になる
  • 客入りの多い店に採用される
  • 忙しい時間帯にシフトを入れる

指名が多い女性はお店にいないと困るため、必然的にキャッチ回数が減ります。

また客入りの絶えない店も、キャッチで呼び込む必要はそこまで必要ありません。

しかし現実的な話、キャッチを全くやらないのは不可能に近いです。

いくら指名のある子や忙しい店でも、何かのタイミングで路上に出る機会はあるでしょう。

 

Q. ビラ(チラシ)配りのコツは?

A. 笑顔で愛想の良い声かけをすること。

たまに繁華街を歩いてると、ふてくされてメンドくさそうにビラ配りしてる人がいます。

そんな負のオーラを醸し出した人に、絶対近寄りたいと思いません。笑

また、自分がメンドくさいオーラを出してるつもりはなくても、男性から見れば「やる気なさそうだな〜」と気付きます。

と言うわけで、明るい笑顔で愛想の良い接客をするのはかなり重要です。

笑顔で接客出来るようになったら、あとは数を打つことが成功の鍵。

「この人無理そうだな…」と思っても、とりあえず声をかけてみましょう。

意外と好反応を貰えたりするので、試してみる価値ありますよ。

また声かけに応じてくれた時に備えて、お店の料金説明をしっかり出来る事が必須です。

ガールズバーに抵抗を持ってる男性の多くは、値段を気にしています。

夜のお店はぼったくりのイメージが強く、値段でいかに安心してあげれるかが大事なんです。

飲み放題だといくらで、チャージはいくらといった感じで、値段をしっかり伝えることで、「お店行ってみようかな」と思ってもらえる確率が上がります。

最初のうちは先輩の女の子やボーイが手本を見せてくれるので、どんな風に対応してるのかよく観察すると良いでしょう。

みっくん

 

無視されても気にしないメンタルが重要

キャッチをやってると、無視されたり、嫌な態度を取られることがあります。

これらを気にしないコトが、キャッチの世界では重要です。

どんなに経験豊富なビラ配りの人でも、無視されるのは普通にあります。

けして自分のやり方が悪いのが原因ではないので、無視されても落ち込まないことです。

最初のうちはメンタルが大変かもしれませんが、やるうちに段々慣れてきます。

 

Q. キャッチのバックはいくら貰える?

A. バックの金額はお店によって異なります。

呼び込んだお客さんの料金のうち10%とか、一人当たりいくらとか、お店のルールによりけりですね。

もしグループ客を呼びこめた場合には、その人数分を一気に貰えたり。

一番NGなのは、自分で呼び込んだのに、キャッチバックが貰えないパターン。

どうせ路上に出るなら、バックが保証されてる店を選びましょう。

 

まとめ

今回は、ガールズバーのキャッチでありがちな疑問を説明しました。

基本的にどのお店に行っても、キャッチの仕事があります。

それを分かった上で、キャッチバックの保証された店を選ぶと良いでしょう。

当サイト運営者のみっくんは東京都内で、キャッチバックが保証された評判の良いガールズバーを紹介しています。

今お店選びで迷ってる方は、みっくんに無料相談してみませんか?

東京エリアで良い店を紹介して欲しい方は、以下のLINE@へご連絡下さい。

友だち追加

LINE相談する前に詳細を知りたい方は以下記事が必見です。

当サイト運営者みっくんのプロフィールはこちら。

 

 

>>次のページは

ガールズバーの面接体験へ行く前に絶対読むべき記事のまとめ

都内でガールズバーの求人を探してる方へ

 

当サイト運営者のみっくんは、東京都内で、ガールズバーの求人を紹介してます。

お陰様で求人を紹介した600人以上の女性から、『満足の声』を頂いています。

初心者向けのお店で働きたい方、求人サイトを見てもよく分からない方、なるべく高時給が良い方・・・

どんな方でも満足の行くお店を紹介します!

このサービスは完全無料です。以下のLINEからご応募ください。

↓↓LINE相談はこちら↓↓

友だち追加

↓↓詳細を知りたい方はこちら↓↓

この記事を書いている人 - WRITER -
元ガールズバーの求人サイト運営者。 その後は日本初のガールズバー紹介会社を立ち上げ。 女性の本音を聞き出し、お店の裏事情を把握するのが得意。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク




スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GALBAR , 2018 All Rights Reserved.