LINE@で面接予約が出来ます!

ラウンジ・キャバクラ・ガールズバーの求人情報を公開

スポンサーリンク




スポンサーリンク




【必見】キャバクラより高級ラウンジで働いた方が100倍トクする理由

WRITER
 
キャバクラよりラウンジで働くべき理由
この記事を書いている人 - WRITER -
元ガールズバーの求人サイト運営者。 その後は水商売に特化した紹介会社を立ち上げ。 東京都内にあるガールズバー・キャバクラ・ラウンジで、評判の良い店を紹介出来ます。求人探しで悩んでる方は気軽に無料相談して下さいね。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、水商売の求人を紹介する専門家、みっくんです。

ところであなたは、「キャバクラとラウンジ、どっちで働こうかな…」と考えてませんか?

 

水商売の専門家から言わせて貰うと、絶対ラウンジを選んだ方が良いです。

正直キャバクラって、今の時代に適さないんですよね…。

 

今回は、キャバクラよりラウンジで働くべき理由についてお話します。

為になる内容なので、ぜひ参考にして下さい。

 

キャバクラよりラウンジで働くべき理由とは?

理由は全部で5つあります。

 

理由1、仕事内容が楽だから

実を言うと、ラウンジの仕事はかなり楽です。

仕事内容は、男性客とお酒を交えて、楽しくお喋りするだけ。

例えるなら、時給とバックが貰える相席屋(即席合コン)に近いですね。

ラウンジは相席屋と似てる

 

一方、キャバクラは以下の業務があります。

  • タバコに火を付ける
  • 灰皿を交換する
  • グラスを拭く
  • お酒を作る
  • 色恋トークする
  • 仕事外の営業LINE・電話
  • …etc

都心のラウンジは、上記業務がありません。営業メールの強制とかも無いです。

接客中は基本、男性がリードしてくれて、キャスト(女性)は受け身のままですね。

相手の顔色を見ながら働くキャバ嬢とは異なり、合コンノリなのが魅力的。

ラウンジの方が、仕事終わりの疲れを最小限に抑えれます。

 

理由2、ステキな男性と出会えるから

ラウンジには、お金持ちで人間的に魅力ある男性が訪れます。

キャバクラみたいな迷惑客はほぼいません。

その理由は、世間のイメージを見れば分かるでしょう。

世間のイメージ

【キャバクラ】下品な男性が目当ての女性を口説くところ
【ラウンジ】ステキな男性と女性が出会うところ

 

ラウンジ店内は上品で洗練されており、キャバクラより料金が高めです。

また会員制ラウンジは、お金持ちの紹介でしか入れません。

 

こういった背景を見れば、低収入で下品な男が寄り付かないのは納得出来ますよね。

 

一方、キャバクラはどうでしょうか?

大して金持ってない男性が、「ヤラせてよ…」と口説いたり、ベタベタ体を触られるなんて事が多いです。

 

とあるNo.1キャバ嬢が、「男性のエッチしよう」という誘いは挨拶と同じだと言ってました。

そう捉えれば、少しはストレスを軽減出来ると…。

 

しかし、そもそも下品な男を相手にする事自体、ストレスになりませんか?

迷惑なキャバクラ客

接客のストレスを避けたいなら絶対ラウンジを選ぶべきです。

 

ところで近年、理想の男と出会うためにラウンジで働く女性が増えてきてます。

魅力的な男と繋がれて、お金まで稼げるという、まさに一石二鳥ですね。

 

理由3、キャバクラ以上に稼げる可能性が高い

僕の周りに、キャバクラよりラウンジの方が稼げてる女性が多いです。

特に六本木・銀座の高級ラウンジだと、最低時給4000円以上、指名バック1人当たり3000円以上が当たり前。

一方、キャバクラはスライド時給が採用されており、指名を増やすほど稼げる仕組みですね。

キャバクラよりラウンジが稼げる

逆に指名が取れない子は保証時給が下がり、最悪2000円くらいまで落ちる事があります。

ヘアメ(天引き)含めると、ほとんど手元に残らない(泣)

キャバ嬢

 

キャバクラ経験のある人は分かると思いますが、指名取るってもの凄く大変です。

接客中は色恋トークを仕掛け、隙間時間にお客様とやり取りし続ける…。

 

ナンバー取る子なんて、えげつないくらいLINEしてますからね。

キャバクラで指名を取り続けるには、プライベートを犠牲にする覚悟が必要。

 

一方のラウンジは、面接時に提示された時給より下がる事がありません。

時給5000円で採用されたら、そのままずっと5000円以上+バックが支給されます。

ラウンジは指名取れなくても、絶対時給が下がりません!

みっくん

 

高級ラウンジはバックが高く、結果的に小さな労力でキャバ嬢より稼げるわけです。

 

理由4、悪いイメージが無い

ラウンジは上品でお洒落なイメージがあり、水商売に抵抗ある人でも踏み出しやすいです。

一方、キャバ嬢は以下のイメージがあり、世間から偏見の目で見られます。

キャバ嬢の一般的なイメージ
  • 男性関係がダラしなさそう
  • いかにも夜っぽい
  • 金遣いが荒そう
  • 口説いたらヤレそう

人気キャバ嬢がメディアに登場する事で、少しはイメージが良くなったと思います。

キャバ嬢のイメージ

しかし、未だに偏見する人が多いのは事実。

 

あなたもキャバクラで働いてる事を、仲の良い友人や親戚に言いづらいのではないでしょうか。

実際、周りの目を気にしてキャバクラを諦め、ラウンジで働く女性が多いです。

 

ラウンジはステータスの高い人たち(美人とお金持ち)のイメージが強く、滅多に偏見されないですね。

 

理由5、勤務の束縛がほとんど無い

キャバクラは基本、週2以上の勤務が必須で、遅刻・欠勤=罰金になります。特に副業としてやる方は、予定立てるのが大変です。

 

一方、ラウンジは、週一勤務でもOK。

遅刻・欠勤しても罰金を取られず、怒られる事すらありません。

 

もちろん無断欠勤は良くないですが、キャバクラより断然、緩いのが特徴的。

学校(仕事)終わりに空いてたら参加しよっかな…」くらいのノリで働けます。

 

まとめ

本記事の内容をもう一度復習しましょう。

キャバクラよりラウンジがおすすめな理由
  1. 仕事内容がかなり楽だから
  2. お金持ちで魅力的な男性に出会える
  3. 指名を取れなくても稼げる
  4. 世間のイメージが良い
  5. 忙しい人でも気軽に働ける

キャバクラはイメージが悪い上、相当な努力をしないと、指名取るのが難しいです。

下品なお客さんと接客するメンタルも必要になります。

一方、ラウンジは、世間からのイメージが良く、努力しなくても安定的に稼げますね。

 

あなたはそれでもキャバクラで働きますか?

 

嫌なお客さんに愛想よく振る舞い、営業LINEでプライベートを削るスタイルなんて、令和時代には適しません。

ぜひこの記事を読んだあなたは、ラウンジで働いてみて下さい。

 

ただし注意点が一つだけ。

ラウンジに応募する際、絶対知っておくべき事があります。

これを知らないと、金銭的にかなり損。(詳細は次項をどうぞ)

 

一人で応募は損!専門家が最高時給のラウンジを紹介します。

高給ラウンジ紹介します

ラウンジの求人には『時給○〜○円』と記載されており、女の子によって大きく時給が異なるのをご存知でしたか?

理不尽な話、似た容姿の子同士を比べても、時給に1000円以上の差が出しまう事が多いです。

 

もしあなたが一人でラウンジの求人に応募した場合、保証時給を低く見積もられる可能性大。

同じ店で働く女の子より時給が低過ぎたら嫌ですよね…。

一人でラウンジに応募すると損

金銭面で損したくないなら、ラウンジ専門のエージェントに頼るべきです。

弊社のエージェントは、相場より高い時給を実現するため、ラウンジ側と直接交渉しています。

 

その結果、一人で応募した時よりも時給1000〜4000円アップする事が可能です。

最低でも時給1000円アップですから、かなり大きいと思いませんか?

 

時給で損したくない方はぜひ、弊社のエージェントへご相談ください。

さっそく最高時給のラウンジを紹介してもらう

 

紹介して貰う前に、詳細を確認したい方は、以下記事をどうぞ。(サービス=完全無料です)

【東京エリア】プロが厳選した高級ラウンジの求人を紹介します!

 

都内でガールズバーの求人を探してる方へ

 

当サイト運営者のみっくんは、東京都内で、ガールズバーの求人を紹介してます。

お陰様で求人を紹介した600人以上の女性から、『満足の声』を頂いています。

初心者向けのお店で働きたい方、求人サイトを見てもよく分からない方、なるべく高時給が良い方・・・

どんな方でも満足の行くお店を紹介します!

このサービスは完全無料です。以下のLINEからご応募ください。

↓↓LINE相談はこちら↓↓

友だち追加

↓↓詳細を知りたい方はこちら↓↓

この記事を書いている人 - WRITER -
元ガールズバーの求人サイト運営者。 その後は水商売に特化した紹介会社を立ち上げ。 東京都内にあるガールズバー・キャバクラ・ラウンジで、評判の良い店を紹介出来ます。求人探しで悩んでる方は気軽に無料相談して下さいね。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク




スポンサーリンク




Copyright© GALBAR , 2019 All Rights Reserved.